SPHC

一般板金プレス加工向け。SPHCとは熱間圧延鋼板で黒皮皮膜付き。素手で触ると手が真っ黒になりますが錆び難く扱い易い素材です。九州では無規格材とSPHCは同じものと考え流通しています。
 ※ここの情報には無規格材も含まれますので御注意ください。
機械内部の部品などに使われることが多く、めっきや塗装を施し使う場合が多い。カバーなど薄板の塗装品で外観を左右する場合はSPCCSPHC-Pをよく用います。また強度を必要とする建築用ではSS400を使用します。
 ※価格はあくまで目安です。地区・販売先によって取扱製品・価格に差があるので御注意ください。
<比重>約7.85g/c㎥ <引張り強さ>270N/m㎡以上(無機格材は除く)

黒板の写真.jpg黒板.jpg

   更新日・・・2012/08※価格は毎月変動します。更新時期注意!、 仕入れ先・・・福岡鋼材商社 
   3'×6' = 914mm×1829mm、 4'×8' = 1219mm×2438mm、 5'×10' = 1524mm×3048mm
   ○・・・手に入り易い、 △・・・入手に時間がかかる、 ×・・・一般的に入手困難、 空白・・・未確認、 ?・・・不明
板厚
(mm)
3'×6' 4'×8' 5'×10' 目安価格
(円/kg前後)
kg/枚 流通 kg/枚 流通 kg/枚 流通
0.6              
0.8              
1.0              
1.2 15.9 28.0 43.8 × 100
1.6 21.1 37.4 58.4 80
2.3 30.2 53.7 83.9 80
3.2 42.0 74.7 117 75
4.5 59.1 105 164.1 75
6.0 78.8 140 219 75
9.0 118 210 328 80
12.0 158   280   438   80
16.0 210   373.3   583.5   90
19.0 249   443.3   693   90
22.0 289   513.3   802   120
25.0 328   583.3   911.7    


  • 最終更新:2012-09-24 13:38:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード