亜鉛板

一般板金プレス加工向け。溶融亜鉛めっき鋼板。亜鉛板(亜鉛びきとも呼ばれる)は亜鉛を表面に引いていればいいのでZAMやガルバリウムのようなメーカー品名がついたものよりは安価に手に入ります(海外製かも・・・)。銀色ピカピカで塗装の下地としては不向きです。どうしても塗装したい場合はミッチャクロンなど下塗りを施してから塗装します。それでも塗装は剥離しやすいのでお勧めはできません。
 ※価格はあくまで目安です。地区・販売先によって取扱製品・価格に差があるので御注意ください。
<比重>約8.23g/c㎥※参考値 <引張り強さ>SPCC・SPHC相当
 ※重量は目安です。めっき付着量により比重は異なります。

黒板.jpg

   更新日・・・2012/08※価格は毎月変動します。更新時期注意!、 仕入れ先・・・福岡鋼材商社 
   3'×6' = 914mm×1829mm、 4'×8' = 1219mm×2438mm、 5'×10' = 1524mm×3048mm
   ○・・・手に入り易い、 △・・・入手に時間がかかる、 ×・・・一般的に入手困難、 空白・・・未確認、 ?・・・不明
板厚
(mm)
3'×6' 4'×8' 5'×10' 目安価格
(円/kg前後)
kg/枚 流通 kg/枚 流通 kg/枚 流通
0.6              
0.8              
1.0     24.5     160
1.2     29.4     150
1.6     39.1     150
2.0              
2.3     56.3     150
3.2     78.3     150
4.5              
6.0              
9.0              
12.0              
16.0              
19.0              
22.0              
25.0              


  • 最終更新:2012-09-28 10:42:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード